21世紀養生塾沖縄
1
  HOME トップページへ戻る
1
  お知らせ・イベント情報
1
  奥田のコラム
1
  21世紀養生塾沖縄とは
養生塾沖縄の概要
奥田代表の活動基幹
帯津塾頭 楊名時先生
1
 
気功教室・太極拳教室
健康倶楽部「天遊会」
帯津良一塾頭の講演会
1
  入会案内・お問合わせ窓口


太極拳・気功教室
健康倶楽部 天遊会
帯津良一塾頭 講演会
奥田のコラム

21世紀養生塾沖縄「天遊会」代表の奥田清志です。
ここでは健康に関する事を中心に、印象深い日々の出来事や、時には忘れ難い過去の思い出話なども含め、私の近況報告とさせていただきます。
( コラム中の画像はクリックで拡大します)
奥田清志


奥田のコラム(NO290) 私は今年83歳になりました ( 2019/06/27 )

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

 2019年(令和元年)6月26日、私は83歳になりました。この日にふと人生を振り返えってみたのですが、60〜65歳ぐらいまでの記憶はかなりはっきりと覚えているのに、それ以後の記憶は、“気功と太極拳の人生”を一生懸命に生きてきた事以外には、殆ど何も覚えていないのです。これはよほど“気功と太極拳”に夢中になっていたのか、あるいはもう頭の中がすっかりからっぽになっているのか、そのどちらでしかないのかも知れません。

 ずっと昔の私(小・中・高校ぐらいまで)は、人間は60歳になると赤い帽子と赤いチョッキを着せられ、皆んなおじいさん、おばあさんになり、70歳代で本物のおじい、おばあになり、80歳を越えると人生の終わりがやってくるか、生きているにしても山奥に住む仙人のような妖怪になるとばかり思っておりました。

 今、自分がその仙人のような年令になって人生を振り返ってみると、60歳代はまだ人生の青春真っ只中で、70歳代からが人生の円熟期という気がするのです。21世紀は100歳の時代と言われるようになりましたが、只今83歳の私も、今は100歳を生きようと思うようになっているのですから、この半世紀ぐらいの間に、時代の常識は大きく変化してきているのかも知れません。

 83歳の誕生日にはいくつかの嬉しい出来事がありました。1ヶ月ほど前に10歳ほどの年齢差がある妹から、“是非ともゴルフを再開してもらえないだろうか!!”との熱心な誘いを受け、ふとその気になりかけていたところ、その妹夫婦から最軽量のゴルフシューズのプレゼントがあり、4人の子供達からも、これまた軽量(女性用)のゴルフクラブをプレゼントされ、とうとう私は10数年間封印していたゴルフを再開せねばならない状況下にあり、来る7月1日の「沖縄県民ゴルフの日」には83歳からのゴルフ人生をまたスタートさせねばならない事になっております。

 83歳の誕生日の前後には、まさかの二つのプレゼントが宅急便で届きました。その一つの宅急便には、まさかの“うなぎのかばやき”が詰まっておりました。宅急便の送り主は「天遊会」となっておりましたので、これは今から20年程前から私が主宰している“健康気功と太極拳の会”の名称ですので、会員一同が気を使ってくれた誕生日プレゼントに違いありません。もう一つの宅急便は、名古屋の親友からの見事な山形産の“さくらんぼ”(佐藤錦)でした。いずれの宅急便も私の大好物ですので、私は両手を合わせていただかせてもらいました。

さらなる嬉しい出来事は、誕生日の夕方、新潟に住む小学生と中学生の孫(二人共男の子)からの優しい声の電話と、毎週必ず1回は訪ねてくれる沖縄在住の3歳(女の子)と5歳(男の子)の孫からの、とてつもない叫び声のような“ジイジ、お誕生日おめでう!!”の電話でした。私達老夫婦はこの孫達から元気をもらって生きていると言っても過言ではありません。孫こそは人生の宝物と思う昨今の私であります。

 誕生日最後のお祝いは、家内からのバラの花と、美味しいステーキの夕食(外食)でした。私はささやかながらも、幸せな人生の老後を過ごさせてもらえていると、思わず心の中で手を合わせずにはいられない感謝の83歳の誕生日でありました。

                    2019年(令和元年)6月27日の記
 *追伸
 つい先日、仙台のとても親しい太極拳のお友達からお手紙をいただきました。その手紙の中には『人生の良きことは己(おのれ)の計らいの外にある』というブッダの言葉が記されてありましたが、私は今この言葉に深い感銘を受けているのです。この言葉に出会えさせていただいたお蔭で、私の頭には、ずっと昔どこかで出会えたような気がする言葉が浮かんで来ております。
 それは『人は良き事を心掛けていると、良き事が返ってくる』という言葉です。私の令和元年、83歳からの人生は、ブッダの言葉を心の中に収めて、良き心掛けに生きようと・・・と改めて自分に言い聞かせているところです。


奥田のコラム(NO289) 『平成』から『令和』の時代へ ( 2019/05/05 )

 
 平成天皇最後のお言葉

 
 平成天皇皇后両陛下

 
 新天皇皇后両陛下

 
 新天皇初めてのお言葉

 
 一般参賀の方々の祝福を受ける皇族方

 
 一般参賀の方々に手を振る両陛下

  2019年4月30日に、前天皇陛下が退位され、翌日5月1日には前皇太子殿下が新天皇陛下に即位され、我が国の元号は「平成」から「令和」に変わりました。
 折しも日本は10連続の祭日真っ只中にあって、日本中の人達はそれぞれの地で、それぞれの元号の思い出を心に刻んだに違いありません。
 私は年齢(82歳)のせいもあってか、この連休はずっと家の中で静かに過ごしていたく、元号の推移の様子をTVをとうしてしっかりと拝見させていただきました。元号推移の祭典には理解しがたい行事も多々ありましたが、なんといってもこの日のハイライトは、旧・新天皇陛下の最後の、そして初めてのお言葉であったと思います。それぞれのお言葉に感銘を受けましたので、今日のコラムにはそのお言葉を明記して、私の心の中にも刻んでおきたいと思います。

    (1)前天皇陛下(現上皇)の最後のお言葉

 「今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。ただ今、国民を代表して、安倍内閣総理大臣の述べられた言葉に、深く謝意を表します。
 即位から30年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛を持って行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します。明日から始まる新しい令和の時代が、平和で実り多くあることを、皇后と共に心から願い、ここに我が国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」。
 
    (2)新天皇陛下(元皇太子)の初めてのお言葉

 「日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより、ここに皇位を継承しました。
この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。
 顧みれば、上皇陛下にはご即位より、30年以上の長きにわたり、世界の平和と国民の幸せを願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その強い御心をご自身のお姿でお示しになりつつ、一つ一つのお務めに真摯に取り組んでこられました。上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を申し上げます。
 ここに、皇位を継承するに当たり、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国および日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望します」。

  (3)新天皇陛下の即位を祝う一般参賀でのお言葉

 「このたび、剣璽等継承の儀および即位後朝見の儀を終えて、今日このように皆さんからお祝いいただくことを、うれしく思い、深く感謝いたします。ここに、皆さんの健康と幸せを祈るとともに、わが国が諸外国と手を携えて世界の平和を求めつつ、一層の発展を遂げることを、心から願っております」。

         2019年(令和元年)5月4日の記


奥田のコラム(NO288) 新元号『令和』について思った事 ( 2019/04/04 )

 
 新元号『令和』沖縄タイムス社

 
 新元号『令和』の主旨を説明する安倍首相

 
 新元号『令和』に喜ぶ人達

 
 新元号『令和』に戸惑いを見せる人達

 
 銀座「和光」の前に飾られた新元号『令和』の書

 
 新元号『令和』の書を書いた石飛先生

 2019年4月1日、我が国の新元号が『令和』と決まり、世界中に発信されました。新元号は、日本人であれば総ての人が否応なしに関わらないではいられない出来事ですから、日本中の人がかたずをのんでその瞬間を待っていたに違いありません。

 私は都合があって、その瞬間を家内が運転する車の中で聴く事となりましたが、実は官房長官の第一声が何を言っているのか、何を伝えようとしているのか全く解らず、自分の耳と自分の理解能力を疑わないではいられない瞬間でもありました。隣に座っていた家内に訊ねてみたら、家内もはっきり聞き取れないとの返事が返ってきたので、いく分胸をなでおろした次第です。

 早々家に帰り、テレビで新元号の活字が『令和』である事を確認したのですが、『令和』の活字を見た瞬間の印象は“令”の字が命令以外の意味が頭に浮かばず、、浮かんできた強烈な印象は、安倍日本政府の“命令による日本の平和づくり”だけでした。

 その後の新聞・テレビで新元号『令和』の出典が、日本最古の万葉集の中の一節である事を知り、安堵の胸をなでおろしたのでした。万葉集のその言葉は、

『初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす』
 現代語訳:新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉      の如く白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている。

 との事で、1200年前のいにしえの人達の自然の美しさを愛でる心の豊かさに触れ、深い感慨を覚えるに至りました。

  今日(4月3日)の新聞によれば、新元号『令和』に好感を持つ人は、約70%との事ですが、私の住む沖縄では『令和』の持つ響きに、相当の違和感を持つ人が大多数の感があるのです。
 理由は申すまでもなく、新元号の『令和』に、司令、命令、号令等々の言葉を連想させないではいられない響きがあるからです。

  日本全体の70%の米軍基地の駐留を余儀なくされている沖縄は、今また安倍首相、菅官房長官の“沖縄の民意に寄り添いながら”の言葉とは真逆に、沖縄の美しい宝の海を平然と破壊し続けている現状があるのですから、この二人の口から発せられる言葉には、信頼の根拠は何一つ無いのです。私の親しい友人達は、新元号の『令和』の“令”を、沖縄「守礼の門」の“礼”に置き換えて理解しようとしているのです。願わくば『令和』の時代が命令ではなく、
“礼節”を重んじる“礼和”の時代になって欲しいと心から念ずる次第です。

  〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・ 〜・〜

追伸:4月1日、新元号『令和』のニュースがTVに溢れていた最中、私の20年来の最も大好きで、最も敬愛してやまない著名な書家の石飛博光先生が、事もあろうに東京銀座四丁目にある、あの有名な“和光”の前で、新元号の『令和』の書を披露している姿がTVに映し出され、本当に驚きました。たまたまその瞬間を家内が録画してくれておりましたので、写真に撮す事が出来ましたが、私には偶然を通り越した奇跡としか思えない瞬間の出来事でした。この瞬間のご縁を大切にして、私は新元号の『令和』に出来るだけの親しさを持って接し、残された人生を有意義に過ごして行きたいと願っております。
                  2019年4月3日の記

- Topics Board -
前ページページ移動次ページ

 


 

 

このページのトップに戻る